浮気も不倫も…。

裁判や調停で離婚をする前の場合でも、不倫や浮気(不貞行為)をされた場合は、慰謝料として損害を賠償請求を正式にしていただけるのですが、離婚することになったら比べてみると慰謝料の金額が高くなるのはハッキリしています。
やはりというか妻が夫の浮気や不倫がわかった理由の約80%が携帯電話です。ずっとかけていなかったロックをするようになったとか、女性というのは携帯電話に関係する小さな変わり様に気づくようですね。
夫婦ごとに開きがあるので、全部同じには扱えないのですが、不倫が主因となって離婚が決まったとおっしゃるのであれば、慰謝料として請求する金額は、100~300万円ぐらいというのがきっと一般的な相場だと思われます。
違法な行為の損害請求については、3年経過すると時効になると法律(民法)で規定されています。不倫の事実が露呈したら、躊躇せずに最寄りの弁護士事務所に依頼することによって、時効だから処理不可といった問題が発生することはないわけです。
多くの場合において離婚の訳が「相手の浮気」あるいは「二人の性格や好みの不一致」らしいのですが、やっぱりその中でずば抜けて問題が多いものは、夫や妻による浮気、すなわち「不倫」だと言われています。

浮気も不倫も、それによって普通の家族関係を崩壊させ、離婚以外の道が無くなるケースだって少なくありません。それだけではなく、精神的に大きな傷を受けたことへの相手への慰謝料支払という問題も生じるのです。
家族のことを考えて、文句を言うこともなく家庭内の妻・母としての仕事を精一杯し続けてきた奥さんの場合、夫の浮気や不倫に気付いた局面では、大爆発しやすいと言われています。
必要になる養育費や精神的苦痛への慰謝料の要求を相手に行う話し合いの中で、相手に突きつける証拠をつかんだり、どこの誰と浮気しているのか?といった人物調査や相手に対する素行調査だってあるんです。
離婚相談している妻の理由の中で最も多いのは、やはり夫による浮気でした。今回のことがあるまで、私たち夫婦には関係のない他人事だと思って暮らしていた妻がかなりいて、夫の不倫という事実を突きつけられて、驚愕している気持ちや怒りの感情でいっぱいなんです。
悩みの中でも、とりわけ浮気中の妻に関する相談をするとか助言を受けるというのは、恥辱や自尊心があって、「自分や家族の恥を晒せない」なんて思って、苦しんでいることについての相談をせずに終わらせてしまうのもわかります。

結局のところ夫側の浮気を察知したときに、重要なのは妻であるあなた自身の気持ちであるのは確実です。謝罪を受け入れるのか、別れて別の人との人生を歩むのか。よく考えて、後から悔やむことのない選択が欠かせません。
あなたには「自分の妻が間違いなく浮気している」に関する証拠を手に入れられましたか?証拠として採用されるものは、疑いなく浮気中の二人とわかる内容のメールや、浮気相手といちゃつきながらホテルに入る瞬間の証拠写真等があります。
普通の人では難しい、高品質な欲しかった証拠を獲得することが可能なので、失敗はイヤ!というのなら、探偵とか興信所等に浮気調査を申し込んだ方がいいと思います。
探偵が浮気調査を行った場合、いくらかの費用は発生するのですが、プロが調査するわけですから、プロならではの素晴らしい内容の交渉を有利にする証拠が、気付かれる心配をせずに入手できるので、抜群の安心感なのです。
目的は全然違うわけですが、ターゲットが買ったものであるとかゴミに出されたものというふうに、素行調査によって想像よりも豊富な有用な情報の入手が可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *